タカラの流し台

コストパフォーマンスの高いキッチン


 コストパフォーマンスの高いタカラのキッチン


タカラスタンダードの木製システムキッチンのコストパフォーマンスに優れた商品を紹介します。

家事を楽にしてくれる食器洗い洗浄機、スライドタイプの収納を搭載したMatch(マッチ)。

takaramatch.png

ホーロー製品に比べると、耐久性では多少劣るかもしれませんが、お手入れをちゃんとしていけばずっと使えます。

写真の木製システムキッチンは、I型255cmで、定価は455,600円(税別)です。




Fesca(フェスカ)は、I型180cmで、グリル付コンロや、食器洗い洗浄機搭載の充実した設備のキッチン。

takarafesca.png

2世帯住宅のセカンドキッチンや、狭い台所などにも十分使えます。

写真の木製システムキッチンの定価は409,800円(税別)です。



いずれも、公団型流し台に比較すると、外観や機能性には格別のものがあります。

ワークトップや扉の色、設備もお好みの機器をビルトインできますので、一見の価値はあるのではないでしょうか?

タカラの流し台

タカラキッチン エマージュ新登場



タカラスタンダードシステムキッチン エマージュ新登場


今度のタカラのキッチンは見る価値あり!




タカラエマージュは、シンプルなデザインですが、今までと違った高級感や上品さを感じさせます。

引手の突出がないフラットな扉面や、直線で構成されたデザインはシャープな印象を与えます。

タカラエマージュ

ホーローパネルは、汚れ落ちもよく、キズにも熱にも強い高品位ホーロー。

ワークトップもシンクもカラーバリエーションが豊富、あなたの好み色がきっと見つかります。

タカラエマージュは、食器洗い乾燥機をシンク下のスペースに配置して、引出しスペースの広さをキープ!

食洗の便利さと、ワイドな引出しを両立させました。

タカラエマージュ


ダイニング側に便利な収納が設置可能、調理スペースもこれまでより広くなっています。


タカラの高品質ホーローは、シックハウス症候群の原因となる、有害物質(ホルムアルデヒド)をまったく発散しません。

丈夫で長持ち、安心してお使いいただけます。私の自宅にあるタカラのエマーユは、30年以上たった今でも、傷もなくきれいにしています。


特に、頑固な油汚れが多いコンロまわりは、汚れがこびりつかない高品位ホーローだから、お手入れはカンタン。

マグネットも使えるので、フックやメモなどお好きなところに取り付けできます。

タカラにはエマーユというシリーズのキッチンもあるので少し紛らわしいです。

タカラエマージュは、一見の価値ありです。

タカラの流し台

高品位ホーローとは?

高品位ホーローとは健康に害のない安心素材

水回りに最適な素材としてもタカラスタンダードの高品位ホーローはおすすめの素材です。

油汚れもさっと拭くだけ
キッチンパネルやレンジフードの整流版など、油汚れが気になるコンロ回りも、簡単なお手入れで新品の輝きを取り戻せます。

美しい光沢
ガラス質の釉薬(うわぐすり)を高温で焼付け、美しい光沢を保つ高品位ホーロー。さらに焼き物特有の表情豊かな質感も備えています。

色あせしない
原料が無機質なこともあって、紫外線による色あせの心配がありません。艶やかで上品な輝きは、何十年たっても衰えることはありません。

マグネットがくっつく
ベースは金属です。マグネットが使えます。高品位ホーローに取り付けられるマグネットは、台所の家事に大いに役立つことでしょう。タカラスタンダードは便利なマグネット収納も多数用意しています。

タカラの流し台

タカラシステムキッチン 提案

タカラシステムキッチン 提案


タカラスタンダードのシステムキッチンは一流です。

機能性、センスからいえば2番手3番手かもしれません。でも、

システムバスと同様しっかりした作りです。

キッチンを選ぶ時、デザイン以上に重要なのは、機能性や

耐久性であると強調しているだけあって、ホーロー製品は

「ホーローといえばタカラ」といわれるほど定番になっています。

タカラスタンダードは、機能性についても開発に力をいれて、

業界のトップに近づいているように思えます。

個人的にも、タカラスタンダードは好きですので、我が家も

ホーローのキッチンを採用しています。


ところで、先日、タカラのメーカーにメールにて提案をしました。


システムキッチンはほとんどが天板(トップ)の高さを85cmに

しています。女性の身長が伸びてきて、20年位前から80cmから

85cmになりました。腰が曲がらないで楽になったようです。

私の提案は、「その高さを72cmくらいにして、腰掛けて調理できる

ようにしたらどうか?」というものです。

72cmという高さは、ほぼ食卓のテーブルの高さです。年配の方が

家事をするときに座ってできたら楽だろうな、と思ったのと、

アイランドタイプの流し台だと、対面側にテーブルを置くと

高さがそろうので、配膳や片づけにも楽になるのではと思った

からです。蛇口も手前で操作できるものが発売されているので、

考えられる問題点は解決できるものと思います。

メーカーから何の連絡も来ていないので、他社が先駆けて

開発しているのかな、と思ったりしています。

それでも構わないので、そういう商品が早く市場に出てきたら

いいのに、と思っています。

タカラの流し台

知っててお得な情報

nagashi02.jpg

タカラスタンダード

知っていればお得な情報

2ちゃんねるでも取り上げられているので、「2ちゃんねる タカラスタンダード」で

検索かけてみるといいです。

タカラスタンダード 株式会社は安定した企業で、大きく変化したことはないし、

大きく落ち込んだこともない堅実な会社です。

ホーロー製品にはこだわりをもっています。

私もキッチンはタカラの製品です。

22年経過した今も 扉のホーローは全く変わっていません。

木製の扉だったら、色あせや傷、腐食などが発生していたかもしれません。

タカラの製品は 定価はとても安いです。でも実際見積もりを取ると、

他社の製品より割引率が低いです。

つまり、他社のシステムキッチンが定価80万円が56万円になったとします。

タカラのシステムキッチンは定価70万円が56万円、といった具合です。

割引率の違いで、あまり得をした感じがないのがタカラです。

タカラスタンダード ショールームでは定価の金額しか教えてくれません。

直接お客様には販売しないからです。

代理店か特約店に相談してください。

タカラスタンダード以外のメーカーも同じスタイルです。

システムキッチンもシステムバスもかなり普及してきて、

ひところに比べて商品のグレードは上がって価格は下がっています。



Powered by さくらのブログ