タカラスタンダードのシステムバス > タカラのシステムバス > 浴室のリフォーム

タカラのシステムバス

浴室のリフォーム


30年以上前の一般住宅の浴室は、床、壁にタイルを貼って天井には樹脂製のバスリブという製品を使ったいわば在来工法が多く採用されていました。

平成になってからは、システムバスが主流になってきました。システムバスのメリットが認められてきたことと、在来工法とのコスト面での差がさほどなくなってきたことが大きな要因と考えます。

在来工法では、タイルのひび割れや、カビの発生、シロアリの発生など問題点があります。システムバスは、防水性やメンテナンス面において在来工法よりも優れています。

在来工法の浴室をリフォームをされる際は、ほとんどシステムバスに切り替えているようです。浴室の窓、水回り、洗面所との壁やドアも取り替える必要もあり、工事費は結構かさみます。さらに既存のタイルを残したまま、その内部にシステムバスを設置するとなると、サイズが限られてくることが出てきます。

そこで、タカラスタンダードの「ぴったりサイズのシステムバス」の出番です。先に詳しく述べましたが、経験した方はよくご存知と思います。

工事を施工する業者は、タカラ製品をメインに扱っていないと、別なメーカーのシステムバスを紹介しがちです。コスト面においてもさほど差はないはずです。デッドスペースが広くなるようでしたら、タカラのぴったりサイズシステムバスを薦めてみてください。

設置するスペースや給排水などの配管のスペースのことも考慮する必要があります。施工業者に任せるのがいいとは思いますので、参考程度にお考えください。

<<タカラシステムキッチン 提案 | タカラスタンダードのシステムバストップへ | 高品位ホーローとは?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
[必須入力]
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by さくらのブログ